年々数が増えているオーストラリアのワーキングホリデー利用者

SITEMAP

女子大生

オーストラリア留学エージェントにワーキングホリデーの相談をしよう

ワーキングホリデーという海外で仕事をしながら休暇を過ごすプログラムがあります。海外で働く機会など滅多にないですし、渡航先としてオーストラリアを選べることから、参加してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどうすれば参加できるか分からず、なんとなくプラン実行を先送りにしてきてしまったという方は、まずはオーストラリア留学エージェントに相談しましょう。純粋な留学目的でオーストラリアを目指す人だけがエージェントのサポート対象範囲かというと、そうではありません。ワーキングホリデーを利用してオーストラリアへ行きたい人も、エージェントの協力を仰ぐことが出来ます。
エージェントに相談すると、これまで不明瞭だった多くのことが明確になり、プラン実現までの道筋がハッキリ見えるようになるでしょう。ワーキングホリデーは、休暇を過ごす、働く、学ぶという3種類のアクティビティを、自分なりにいいバランスで取り入れて現地生活を組み立てることが成功の秘訣です。そのバランスをどうとるか、そのためには、どんな都市で暮らせばいいか、学校のレベルとしてどの程度が相応しいかなど、具体的な検討が必要です。こうした点について、エージェントはとても有益な助言をしてくれるでしょう。

仕事を通じてオーストラリアを理解できるワーキングホリデー

オーストラリアの恵まれた自然環境や気候、盛んなマリンスポーツなどに憧れて、将来的にオーストラリアに関係した仕事に就きたいと希望している人も多いでしょう。そんな方におすすめなのが、ワーキングホリデープログラムを活用して、オーストラリアで働く経験をしてみることです。大きな夢を抱いてオーストラリアに渡航してみたものの、理想と現実のギャップに悩むのはよくある話です。
本格的にオーストラリア関係の仕事を目指して舵を切る前に、ワーキングホリデーで現地で仕事をする経験をしてみましょう。学生は、ある意味、現地ではお客様扱いになるので、オーストラリアの真実の姿に迫るのは難しい部分があります。その点、働く人として現地の生活に飛び込んでみれば、様々な気づきを得ることができるでしょう。
ワーキングホリデー参加のためオーストラリアに渡航するには、準備の第一歩としてエージェントに相談しましょう。そもそもワーキングホリデーとは、何を目的としたどんなプログラムなのかを良く理解して、渡航時期や現地でつきたい仕事、生活する場所など、エージェントのアドバイスを入れながら、一つずつ決めていきましょう。渡航後に困ったことがあれば、エージェントの現地オフィスがあるので、そちらに相談すれば大丈夫です。

ワーキングホリデーでオーストラリアに行くなら家族のことも考えよう

海外で仕事をして稼ぎながら英語の力をつけることが出来るワーキングホリデーは、若い人に大人気のプログラムです。社会人経験を経てから、いったん退職して参加する人もいますが、まだ学生の立場で参加する人も少なくありません。いずれにしても、年の若い人が単身で海外に出ることについては、家族に少なからず心配をかけます。その点を十分考慮に入れて、渡航先や参加の仕方を検討するべきでしょう。
ワーキングホリデーの渡航先としては、気候が温暖で治安もよいオーストラリアであれば、誰しも安心するでしょう。また、ワーキングホリデープログラムに参加してオーストラリアに行く場合は、留学エージェントに相談すると、幅広いサポートとバックアップを得ることができます。ワーキングホリデーに参加するには、オーストラリアに出発する前にも片付けるべきことが沢山ありますが、現地入りさえしたら問題なしかというと、そんなに見通しは甘いものではありません。
入学した語学学校のレベルが合わず、同じ都市で通える別の学校に移りたいとか、借りた住まいが騒音で暮らせないとか、様々な事態が起こり得ます。エージェントは、現地オフィスに日本語が分かるスタッフがいるため、そんな時もサポートしてくれます。このような体制を整えておけば、家族の皆さんも安心でしょう。

イチオシ情報

ニュース一覧

2019年05月15日
オーストラリアでワーキングホリデーに参加するメリットを更新しました。
2019年05月15日
ワーキングホリデーでオーストラリア生活を体験することで開ける未来を更新しました。
2019年05月15日
ワーキングホリデーでオーストラリアに行くための準備を急ぐ場合を更新しました。
2019年05月15日
オーストラリアに興味が持てるようになるワーキングホリデーを更新しました。
TOP